整備時の必需品です。

ディアゴスチーニのサンダーバード2号にぐっと来ています、
本心は欲しいのですが、置き場所を考えると踏み込めないでいる、
昨日に続いてまたまた登場のピンクNO2です。


さて、最近のオートバイの新車は排気量を問わず『F I』仕様と
なっております。『F I』とは、フューエルインジェクションの略に
なっておりまして、ガソリンの流入量などを各センサーからの
信号を基に計算しその都度最適な量のガソリンを最適な時間
噴射してくれたりしています。

非常に便利なシステムなんですが、そのシステムに関わっている
部品点数も、以前に使われていたキャブレターの時より格段に増
えております。

もし、それらの部品に不具合が出た場合に故障個所を探すのに
非常に時間が掛かってしまいます。

この様に、車体とパソコンを繋げてデータを読み込ませて
異常個所を探ります。写真は、ヤマハの診断機の利用時。

ダイアグ1762

このように、結果をプリントアウトして数値化した物をお渡しする事も
可能です。

ダイアグ1765


モトランドグループでは万が一の故障の場合も、故障個所からの
異常な信号を診断できる装置を今現在、外車(ドカティ・BMW・
ハーレー・トライアンフ等)・ヤマハ・スズキの診断機をご用意して
おりますので、万が一の故障修理の際にもお任せ下さい。

また、ご自身のオートバイの現状を把握する事も可能ですので
対象車種にお乗りのお客様の車検・点検時にも、お気軽に申し
付け下さい。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:モトランド蒲田店
モトランドグループ
〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-8-6
TEL:03-3739-4564
FAX:03-3733-4527
http://www.motoland.co.jp

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード