ステムベアリング交換とフロントフォークスプリング交換!!

ようやく腰痛と喉風邪が良くなったので重い腰を上げた店長の川上です

私のテネレは2008年モデルで2010年に新規登録してから7年が経過し今年で3回目の車検になりますが、

昨年の11月のツーリングあたりから、ハンドルを切ると少し引っかかりが出始めました

そして、ついでにフロントフォークスプリングをオーリンズにしようと思います

DSCN0571.jpg

サクサクッとフロントをバラし・・・

DSCN0575.jpg

ステムベアリングの具合はと言いますと、グリースは完全に切れて、錆まで出ている始末

7年も経つとこんなことになってしまうんですね

症状が出ていたら即修理を推奨しますが、

症状が出ていなくても定期的に交換しても良いかもしれませんね

DSCN0574.jpg

この後はノンストップで作業に没頭していたので写真はありません

今回はステムベアリングの交換と、フロントフォークスプリングをオーリンズ製に交換と、フォークオイル交換を行いました

そして、オーリンズフロントフォークスプリングの乗り味ですが、車重と体重での沈み込みが少なくなり

跨った時点で車高が上がりました。

そして、走り出すとノーマルよりも「沈み込みが少ない」=「張り」が出ました

そして跳ねるような感じは無く、細かい震動は掻き消されていて乗り心地が良くなりました

そしてスタンディングでスロットルを少し開け気味で走ると、

車重の重みで動きがもっさりするような感じもなく、軽快に動いてくれます

さらにブレーキを強掛けると、少し反発するような感じを受けながら、沈み込んでくれるので、

グリップ感もしっかりと得られながら、ブレーキを強く掛けていけるので、

全体的に腰が出て、乗りやすくなりました 

ん~自分のバイクをメンテナンスやカスタムした後は乗るのが楽しいですね~

また、馴染んでくると多少乗り味も変わってくるかもしれないので、その時はまたご報告しますね

スポンサーサイト

遂に来た!!

もう花粉が来ている・・・店長の川上です

そうではありません

確かに花粉は来ているのですが、オーダーしていたものがやっと来ました

昨年、11月最後のツーリングの際に、前もって動かそうと思ったら、

ハンドルが動かない・・・切れない

あれ、ハンドルロックも掛かってないのにどうして・・・と思って「ごちゃごちゃ」していたら急に切れるようになって、

完全にステムのベアリングがダメになっていました

で、どうせフォーク外してハンドル回りバラすのであればと、

オーリンズのフロントフォークスプリングをオーダーしちゃいました

それがやっと届いたのです

DSCN0119.jpg

これで前後オーリンズサスが入りますよっヤッホーイ

DSCN0118.jpg

今日はとりあえず眺めて終わりです・・・チーン

そして、O澤のYZF-R25も前後オーリンズ入ります

皆様もオーリンズ入れちゃいましょう

XT660Zテネレのレビューでも書いてみようかな~。

只今、41歳

日本男性の平均寿命が約80歳ですので、平均寿命を生きられるとすれば丁度折り返し地点になります店長の川上です

と、まぁ疎遠になっていた高校時代の友人から久しぶりに連絡がありまして最近ちょこちょこ連絡を取っているのですが、

人間、人から受ける影響によってより成長することができるんだなぁと思う今日この頃です

では、本題に入りたいと思います・・・

現在、在庫でXT660Zテネレが4台ありまして、魅力ある状態及び価格設定にするために外装を入れ替えました

そして、1台は現在制作中ですが、人気の高かったカーキ(ブラウン)を製作中ですので、

ご興味ある方はお問い合わせお待ちいたしております

そして、よくよく考えるとテネレについて深くレビューを書いたことがないなぁと思いまして、

今更ながら各部の紹介をしていきたいと思いますので宜しくお願い致します

まず、初めに忠告しておきますが私、全くと言っていいほど読書をしないので文才がございません。

私の個人的な主観などを取り入れつつインターネットを最大限に活用したいと思います

IMG_2951.jpg

テネレと言えばホワイトボディーに赤のストロボカラーをイメージする方も多いことでしょう

当店が扱ってきた中で販売順位は、1:ブラック、2:ホワイト、3:ブルー、4:カーキ、5:レッドですかね

ですが、ブラックが人気があるというよりは本当は他のカラーが欲しいんだけど市場に出ていないなどの理由で

ブラックを選択された方が多いのではないでしょうか

ですので中古市場でブラック以外のカラーを希望されている方は見つけた時が運命の出会いですよ

IMG_2935.jpg

続きまして、一番の特徴あるのがフェイスと言いますかヘッドライトですね

何とも斬新で「カッコいい~」としか言いようがありませんね~・・・ね、文才無いでしょ

IMG_2924.jpg

そして、またこのヘッドライトが明るい

田舎道でも十分に周りを照らしてくれるので安心して走行できます

IMG_2923_20160826145221f4b.jpg

続きましてアンダーステムに付いている標準装備のスタックバー

ラリーカーだけあって、スタックした時にロープを引っかけて引っ張り上げたりすることができます

IMG_2946.jpg

続きましてこちらも標準装備の純正アンダーガード

岩や丸太を乗り越えるなど直接ヒットすれば割れてしまいますが、飛び石などは十分に防いでくれるので、

林道などでは大活躍します

IMG_2921_201608261747477c6.jpg

続きましてテネレのロゴが施されてフロントフォーク

IMG_2947.jpg

減衰力は調整できませんが、スプリングプリロードは調整が可能です

但し、体重60kmの私が乗っても決して硬すぎることはなく、よく動いていくれるので林道なんかでもギャップへの侵入も素直で、

ブレーキングの時も程よく沈み込んでくれるのでコントロールもしやすいです

IMG_2920.jpg

ブレーキは前後とも信頼のブレンボ製

オイルやガソリンを含んだ208.5kgの車体を十分なまでに抑え込んでくれます

IMG_2944.jpg

続きましてエンジン

単気筒4サイクルSOHC4バルブ 660cc 

SOHCなのでどちらかというと低中速型のエンジンになります

なので高速走行でスピードは160km以上出すことも可能ですが、

巡航しやすい120kmくらいでは微振動が少し気になります。

連続走行すると手が痺れてくるのである程度休憩は必要となってきます

ですが、林道などの低中速域を使用するシーンでは、ゆっくりトコトコ走ることも、

オンオフを繰り返して攻めた走りをすることもコントロールしやすいです

・・・でも200kgクラスの車両で攻めるのは少し技術と度胸が必要となります

IMG_2919_20160826174751a25.jpg

続きまして、シート下スペースです

写真ではバッテリーを外しちゃってますが、赤いコードの真下に入ります

ですのでバッテリー上がりの際もシートを外せばすぐにアクセスできるのでメンテナンス性は良いですね

エアクリーナーエレメントもバッテリーの前になんとなく丸いカバーが付いていると思いますが、

その下にあり、こちらも簡単に交換が可能です

IMG_2917_201608261908588c9.jpg

続きまして収納スペースはと言いますと皆無です

シート裏に書類を入れるスペースがあるくらいです

IMG_2916_2016082619085987f.jpg

続きまして、ガソリンタンクの付け根に収納されているのは車載工具になります

IMG_2915_20160826190901c2e.jpg

内容は、

プラグ交換用レンチと反対側に17mmのボックスレンチ
フロントフォークスプリングプリロード調整をするためのヘキサゴンレンチ
リアショックのスプリングプリロードを調整するレンチ
1番プラスドライバー
2番プラスドライバーと反対側にマイナスドライバー
ドライバーを差して回すための柄

以上

まぁ車載工具は最低限の装備なので、私はツーリングの際は他にパンク修理だけできるようにしております

あとは、レッカーサービスに加入するこれ絶対

いくら整備技術があっても工具がなければ何もできません

諦めて次の行動をとる判断も立派な整備です

IMG_2928.jpg

続きまして、23リットル大容量ビッグタンク

ツーリングで一般道と高速道路を使用した場合、約23km/ℓ走ります

そうしますと満タンで約530km走る計算になります

日帰りのツーリングでは朝一給油しておけば大抵のツーリングは給油無しで帰ってこれます

IMG_2929.jpg

続きましてタンクカバー

転倒すると真っ先に傷が付くのがこちらのタンクカバー

でもこれがあることによって軽量を図って装備された樹脂タンクをしっかりとガードしてくれます

当店では、大きな事故を起こしたテネレも入庫した経歴がありますが、タンクが割れていたことは一度もありません

傷はけっこう入っていましたけど・・・

IMG_2930.jpg

続きまして・・・

まずはテールランプ

今はやりのLEDです

そして、両サイドに飛び出しているマフラーの出口は、実は2本出しマフラーという事ではなく、

タンデムシート下にお弁当箱のように大きな箱型のサイレンサーが隠れており、排気の出口のみ両サイド出しとなっております

よく後ろから見る姿はガンダムのようだと言われます・・・

走行性能は、レスポンスも良く5,000rpmまではスムーズに吹け上がります・・・が

それ以上に加速しようとすると少し谷があり、一瞬息をつくような感じがします

あと、アクセルを戻した時やエンジンブレーキを使って減速するときはパンッパンッとバックファイヤーがよく出ます

ですが、走行には全くもって支障ございませんので皆様気になさらない様にしてください

どんなバイクでも一つや二つ気になるところはあるもんです

そして、それをスパッと解消してくれるのがヨーロッパヤマハ純正オプションとして扱われているアクラポヴィッチマフラー

燃費は少々落ちますが、5,000rpmで起こる谷を無くしてレッドゾーンまで軽く吹け上がっちゃうので、

気づけばガンガン回しちゃってますだって気持ちイイんだもーん

IMG_2938_20160826195041be3.jpg

続きましてテネレに限らずアドベンチャーバイクを所有したら誰もが付けたくなるパニアケース

こちらはメーカーオプションになりますが、収納スペースが格段に上がり長期ツーリングも可能にします

私もこれでキャンプデビューしました

しかし、メーカーオプションだけあってデザインは良いのですが、転倒した時の強度が弱いのが弱点です

お勧めはヘプコ&ベッカーですね

IMG_2942.jpg

これがテネレの積載能力だ

見よ天膳

アチィ~なんつって

最後ちょっとふざけちゃいましたが、永く付き合えるとっても楽しいバイクであることに間違いございません

テネレ、気になるなぁって方は是非モトランド~モトランド蒲田店を~宜しくお願い致します~

当店のいちおし☆



最近の悩みは新しい服を全然買わないことです。いやまだ若いはずなのに!!
おしゃれとか気にする年齢なのに!!!3浦です



本日はーーーーーーーーーーーーーー




いちおしテネレについて!!!


現在ローダウンのご依頼いただいてるY様のXT660Zテネレのお話です。



いままでも当店ではテネレのローダウンはやってまいりましたが、当店でいつも使っているリンクは基本3cmダウンなのですが、今回は4cmダウンのリンクを使用しました!!!

IMG_2439.jpg




それに合わせてセンタースタンドとサイドスタンドをカットします!!


IMG_2436.jpg



初めはどちらも4cmカットしまして合わせてみたところ、センタースタンドはなかなかのフィット感というか丁度いい感じになりましたが、
サイドスタンドがまだ少し立ちが強く、危なげでしたので更に2cmカットです|ω・`)


単純に下げた分切ればいいということでもないんですねえ



そしてさらに2cmカットしたものをあわせたところ、、



サイコーニチョウドイイ


という感想です。笑




ちなみにセンタースタンドは補強するために中に芯棒を入れてあるんです!!


IMG_2435.jpg



素晴らしい技術ですな、、、



これで本溶接ですので、お待ちいただいて申し訳ないですが、

楽しみにしていてくださいませ!!!!( ̄^ ̄)ゞ





テネレでお困りの方は是非ご相談ください!!!

いままで当店でやったことのないことなどもご相談くだされば、出来る限りご協力させていただきます



もちろん車両の販売もしておりますので、気になっている、興味があるなど

実車ございますので、足つきがどれくらいなのか、ローダウンするとどれくらいなのか等々、



実際に見て触れて魅力を感じてくだされ!!!(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

テネレにアクラポヴィッチマフラー付けちゃいました!!

暑いんだか寒いんだか、皆様、風邪を引かぬようお気を付け下さい。店長の川上です

さて、マフラーのインプレの前に、

9月27、28日の1泊ツーリング前に

購入から4年半経過しているテネレのクーラント液を交換したのですが、

やはりエンジン廻りの熱が、交換前よりも熱くなりにくい感じがしました

また、リザーバタンク内のクーラントはそれほど汚れてはいませんでしたが、

ラジエター内は、少し錆混じりの色になっていましたので、

これからはもう少し交換サイクルを早めようと思います・・・ちなみにメーカーでは2年毎となっております

さぁ、待ちに待ったアクラポヴィッチマフラーがヨーロッパヤマハより到着しました

サクサクっと付けちゃいます

IMG_7626.jpg

何故か私よりテンション高い輩が映り込んじゃってますが・・・

そして一番?気になる音質、音量ですが・・・

音質は、ノーマルよりも乾いた音と言いましょうか、軽やかな音です

音量は、ノーマルとほぼ変わりません

実際、結構大きくなるのではと心配しておりましたが・・・ほんとノーマルと変わりません
ちょっとくらい大きくても良かったのですが・・・

そして、走りの方はと言いますと・・・

ノーマルでは発進時、4,000rpmで少し谷を感じますが、

6,000rpmまでスムーズにスーっと吹け上がります

また、車の流れに乗っている中、アクセルをガバッと開けると、

トルクは少し薄れた感じがしましたが、

抜けのよくなった分レッドゾーンまで谷無くスムーズに吹け上がるので気持ちがいいです

決して抜けの良すぎるマフラーのようにドッカンドッカン加速する感じではないです

一応エンドバッフルも取り外しが出来るようになっておりますので上記のような走りも可能ですよ

でも、アラフォーの私は大きな変化よりも、乗りやすさを重視してバッフルを付けた状態でしばらく走ってみます

IMG_7625.jpg

ん~これぞ大人のカスタム

またもう少し乗ってからインプレしたいと思います・・・ではでは

PS:テネレあるあるのマフラーからパンパン鳴る音ですが、

鳴る頻度は若干少なくなり、タイミングと音質が変わりつつも鳴っちゃいます
プロフィール

Author:モトランド蒲田店
モトランドグループ
〒144-0035
東京都大田区南蒲田2-8-6
TEL:03-3739-4564
FAX:03-3733-4527
http://www.motoland.co.jp

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード